養素

馬肉のキャットフードとは

猫は魚が好きだから馬肉はそれほど好きでないのでは…と考える人も多いようですが、猫はもともと肉食の動物で、猫は魚が好きだと思っているのは世界中で日本人だけだと言われています。
ここでは馬肉のキャットフードについて注目していきます。

猫が魚を好きだと日本人が勘違いしているのは、昔は日本人の主食は肉ではなく魚だったからです。
アメリカなどの欧米では、昔から肉食なので、魚を猫の主食と勘違いする人はいないということです。

よく考えてみると、日本でも猫がネズミを捕らえて食べることは知られています。
もともと野山に住んでいた猫がペットとして飼われるようになったのは、人間が農業をするようになってそれを貯蔵していた倉庫にネズミが入ってきて収穫物を食い荒らすようになったため、そのネズミを退治してもうためだと言われています。
ここからも猫は草食動物ではなく、肉食動物であることが分かるでしょう。

野生の猫は、ネズミや鳥・小動物を捕らえてそれを餌にして生きてきました。
猫は馬や牛や豚などの大きな動物を自分たちで捕らえることはありませんが、肉食動物である猫はもちろん馬肉を好みます。
市販のキャットフードには牛肉を使用した商品も、豚肉を使用した商品もありますが、馬肉はそれらに比べると低脂肪で低カロリーでありながら高たんぱく質であることから、猫の餌には最適です。

最近では低カロリーであることが評判となり、人間の間でも昔はあまり食べられていなかった馬肉が注目されていて、ダイエットにも良いと女性にも人気となっていて馬肉専門店も増えています。
馬肉には必須アミノ酸も豊富に含まれていて、さらに猫の健康維持には必要不可欠な必須脂肪酸であるリノール酸もたくさん配合されています。

このように、もともと肉食動物である猫は馬肉も大好きです。
馬肉は他の動物の肉より低脂肪、低カロリー、高たんぱくであることから、人間にも猫にもとてもおすすめとなっています。
キャットフードも人気の高い良質なものを選びましょう。